越後地酒処 越の蔵(KOSHINOKURA)

お酒のほろ酔い知識

■吟醸酒って?

馥郁たるフルーティーな香りを持つ吟醸酒は、昭和初期に杜氏の技を競う品評会用に作られた特別なお酒でした。精米歩合(玄米を磨いてどれだけの白米が得られるかの割合)60%以下の高精白米を使い、低温でじっくり長期醸造するのが特徴。更に精米歩合50%以下(米の半分以上を捨てて米の芯のみを使用)の酒は「大吟醸」と呼ぶことができます。香り、味が良く、コクがあるのにスッキリとした日本酒の最高傑作と言えます。

■純米酒は?

昔の酒はすべて純米酒でした。米、米麹、水以外の一切の添加物を使用していなかった為です。現在の規格では精米歩合が70%以下と定められていますが、純米といっても通常の「純米酒」精米歩合が60%以下の「特別純米酒」「純米吟醸酒」、50%以下の「純米大吟醸酒」の4種類があり、それぞれの特徴があります。一般的にはコクと酸味が強く濃厚なタイプが多いですが、吟醸造りになると、スッキリした飲みやすさが加わります。